Pocket

ミットずらしというのは、捕球時にミットを動かしてボールをストライクに見せようとすることです。
あまり好意的には見られませんが、それでも日本の野球界ではこれを良しとする風潮がありました。
ていうか、普通にあると思います。

2132504444e2a3547fefc64ab06b4b26-236x300
画像: miyakomainichiより

というのもミットを動かすのはルール違反ではありません。
ルールの範囲内でいかに有利にしていくかというのは、日本では好ましいとされることです。
死球の当たったフリというのも同じ理屈ですね。
ミットずらしというのは1つの捕球技術であり、ベンチからのヤジも合わせて審判にプレッシャーをかけ有利な判定を勝ち取るのも心理戦なのです。笑
まあ、笑いごとではないのかもしれませんが・・・。

スポンサード リンク

ミットを動かすのは審判への侮辱か

WBCなど国際大会を見ていると、日本への判定が厳しいと感じることがあります。
実は日本はマナーの悪い国という認識があるので、審判に厳しい目で見られるというのもあるようです。
その上ミットを動かすので、どうしても際どいコースはボールをコールされやすくなります。

20110920_1377779
画像: kyotobaseballより

そもそもミットを動かす行為というのは、日本では審判の目を欺いて有利にしようとする技術という認識があります。
ですが、世界的にはミットを動かす行為というのは技術ではなく「ゾーンに不満がある」という意思表示になります。
ミットを動かすことでベンチやファン対して「ストライクゾーンの不満がある」と表す。
それが審判への侮辱行為にあたるというわけですね。

p000000582
画像: yakyu.okinawaより

我々の感覚からしたら「審判を騙そうとする=侮辱」という印象ですが。
そういうわけではなく、そこらへんは認識が少し違ってきます。
ミットずらしは技術ではなく、あくまでも不満の意思表示という感覚のようです。
審判からしたら「騙そうとしているな」じゃなくて「判定に不満があるのか!」ということになるわけです。

スポンサード リンク

日本は国際大会で不利な判定を受ける

だから日本的な技術という感覚でミットずらしをすると、国際大会では審判に喧嘩を売っているような感覚になってしまいます。
日本球界はルールが絶対で、マナーの部分はあまり問われることはありません。
ですが、国際大会も増えてきて、各国も力をつけているわけですから、マナーに関してもグローバルスタンダードを取り入れていく必要があると思いますけどね。
まあ、なかなかそういう風潮にはなりそうもないですが・・・。

ap-wbc-dominican-republic-us-baseball-16_9
画像: usatodayより

マナーに関しては普段から気を付けないと、国際大会のときだけ気を付けても無理がありますからね。
根本的な価値観が違うこともあるので。
審判に不利な判定をされるとかそういう問題だけじゃなく、世界からどう見られるかも意識しないといけないと思います。
まあ、この手の話はきりがないのでここらへんで終わりますが。
何にしてもミットずらし1つとっても、認識が違うようなこともあるわけですね!

スポンサードリンク

ミットずらしの動画まとめ