先日レンジャーズのミッチ・モアランドの打球を巡って混乱するハプニングがありました。

最初はファールと判定されたのですが、監督の要請により審判団が協議。
ルールを確認したところヒットとなりました!
日本なら誤審だの、判定を覆したなどうるさいことを言われるかもしれませんね。
サードのチェスラー・カスバートはシフトの影響でショートの位置にいましたが、本来なら楽に処理できたであろうフライだけに残念でしたね。

モアランドはこの日、サヨナラホームランを打つ活躍もありました!

ライアン・レイバーンの珍しいヒット

ロッキーズのライアン・レイバーンも珍しいヒットを打ちました。
止めたバットにボールが当たるとフェアゾーンに入り、慌てて走りセーフに。
これには本人も苦笑いです!

スポンサード リンク

スティーブン・スーザはホームランを損する

こちらのスティーブン・スーザはアンラッキーな結果となりました。

高く上がった特大のあたりはキャットウォークに当たり、ディディ・グレゴリウスが捕球してアウトに。
本来ならホームランだったかもしれない当たりだけに本人も悔しいでしょうね。
この辺りの規定は球場独自のルールなんでしょうけど、ヒットどころかアウトですからね・・・。

スポンサード リンク

ジャコビー・エルズベリーが打撃妨害で出塁

ヤンキース対レイズ戦はもう1つ珍しい出来事が。
ジャコビー・エルズベリーのバットがミットにあたり、打撃妨害となりました。

先日シーズン打撃妨害記録も樹立したばかりのエルズベリー。
これでなんとシーズン10個目の打撃妨害です!
ここまでくると狙っているのではないかと思ってしまいますが。笑
何にしても珍しい出来事でした!

スポンサードリンク

ミッチ・モアランドの動画まとめ