10年のア・リーグディビジョンシリーズ第2戦。
マイケル・ヤングが5回に勝利を大きく引き寄せるスリーランを打ちました。
しかし、その前にハーフスイングの微妙な判定があり・・・。
ホームラン後にジョー・マドン監督が抗議して退場になるという、後味の悪い結果となりました。

ハーフスイングというのは、厳密に判定するのは不可能なのでケチをつけるだけ無駄と言われるわけですが。
まあ、シーズン中ならともかくポストシーズンですからね・・・。
ベンチの雰囲気も悪くなったでしょうから、あのタイミングの抗議は当然ではありますな。

スポンサードリンク

マイケル・ヤングのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク