Pocket

11年にマリナーズで鮮烈なデビューを飾ったマイケル・ピネダ
2年目ヤンキース移籍後は故障や伸び悩みで結果を残せませんでしたが、今シーズンは11年以来の規定投球回数に到達。
200奪三振はともかく6勝12敗で防御率4.82と、かつての輝きは失われていますが・・・。

12、3年は故障で投げず14年にヤンキースタジアムデビュー。
レッドソックスを相手に素晴らしいピッチングをしましたが。
実はとこのとき不正投球をしていたようです。
そして次回のレッドソックス戦で証拠をつかまれてしまいました。

まあ、みんなやっているんでしょうけど、これはバレバレですからね・・・。
登板後には否定した前回のレッドソックス戦の不正投球も認めたピネダ。

Michael Pineda
画像: timeより

何かしらの異物を付けないと苦しいぐらいMLBのボールは滑るそうです。
ボールを変えるのは難しいこともあるんでしょうけど。
MLBが専用の滑り止めクリームか何かを作れば1つのビジネスができるのにね。
まあ、それもこれまでの不正投球黙認を認めるようなものだから難しいのか。
ここら辺は薬物問題と違って日本球界は他人事なんでしょうね。
薬物問題は他人事のフリをしていますが・・・。
日本は薬物に厳しいお国柄だから、厳しくするのは怖いし面倒なんでしょうねー。

スポンサードリンク

マイケル・ピネダのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク