マイク・ピアッツァと言えば野茂投手の女房役ということで日本でもお馴染みです。
MLB史上でも最強の打力を誇る捕手ということも知名度を高めた理由でしょうね。
そんな彼のハイライトと言えば、大投手ロジャー・クレメンスとの因縁です。

スポンサード リンク

マイク・ピアッツァがクレメンスからグランドスラム

ピアッツァはクレメンスをカモにしていたそうですが、その中でも因縁のきっかけとなったのが、こちらも満塁ホームラン。

激しい闘争心を持っているクレメンスですが。
この時はピアッツァがバットを掲げ、ドヤっているように見えたのが気に障ったのでしょう。

約1ヶ月後の対戦で、なんと頭部死球を与えてしまいました!
まあ、おそらく故意なのではないかと思われますが・・・。
これは00年ですが、当時は今よりもヘルメットの性能も悪いですからね。
衝撃だってずっと強いものだと思われます。

マイク・ピアッツァ
画像: cbssportsより

この頭部死球が原因で脳震盪を起こしたピアッツァ。
さらに同年のワールドシリーズもヤンキース対メッツ戦になったので、この因縁が注目されました。
そして周囲の期待通りに(?)とんでもないトラブルを起こしたのですが、それはまた次回紹介したいと思います!

スポンサードリンク

マイク・ピアッツァの動画まとめ

スポンサード リンク