自己最多の41ホームランを打つなど、昨年もMVP級の成績を残したマイク・トラウト。
野球選手というよりアメフト選手のような、ガッチリして重そうな体格ですが守備もトップクラスです。

トラウトと言えばホームランキャッチ

こちらは9月26日のホームランキャッチです。

スポンサードリンク

トラウトといえばホームランキャッチです。
ルーキーシーズンもホームランキャッチが話題になりました。

これはシーズン最高の好プレーに選ばれましたね。
現在最高の選手でいずれは「史上最高の選手」と呼ばれる日がくるかもれないと言われるトラウト。
昨年は比較されてきたブライス・ハーパーもブレイクしましたし、今後も彼らから目が離せませんね。

トラウトはトレードされないのか

トラウトと言えば先日「トレードはしない」という球団幹部の話が出てきました。
日本では生え抜き球界最高選手のトレードなんて考えられないことですがMLBでは珍しくありません。

そして、トラウトをトレードに出した方が良いというのも一理ありますし。
むしろ出すべきなのでは?と思うほどです。

cd0ymzcznguwzdbhnduynddiytjhm2yyzthlmtjjotqwyyznpwuxzda3mzjkmwi5mti3yjyymmnjowuymjewyzfmmgmx-e1453575604385
画像:NBCスポーツより

エンジェルスは勝ちに行く姿勢を見せてはいるものの、現状の戦力は充実しているとは言えません。
かといって将来性があるチームというわけでもありません・・・。

スポンサード リンク

トラウトを放出してもアルバート・プホルスの存在が足枷にはなるのですが。
逆に言えばプーホルスしか足かせになるような契約を結んでいる選手はいないですからね。

将来性のないチームに最高の選手がいるというのも確かに宝の持ち腐れです。
交換相手次第ではトレードを検討する価値はあると思うのですが・・・。

マイク・トラウトの動画まとめ