Pocket

これは素晴らしい光景です!
マイク・トラウトがファンの少年とキャッチボールをしています。
ファンとの距離が近い(物理的にも心理的にも)と、こういうこともできるわけですね。

しかし、マナー的にもこういうことができるのが素晴らしいですねー。
日本だと選手とファンの交流の機会が少ないから、いざというときは我先にとファンのマナーが悪くなってしまうと言われます。
日本人はマナーが良いイメージがあるから、外国人選手はその光景に驚くそうですが。
まあ、それだけMLBではファンと選手の距離が近く、日本は遠いということですね・・・。

ちなみに、先日アスレチックスのブルペンキャッチャーも同じことをしていました。

Waiting out the rain delay. So worth it. #ThatsCub

cubsさん(@cubs)がシェアした投稿 –

さらにカブスのウィルソン・コントレラスも。
トラウトがやって話題になったので、この手の交流も増えるかもしれませんね!

スポンサードリンク

マイク・トラウトのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク