ワールドシリーズの第5戦、デビッド・ロスとアンソニー・リゾのプレー。

ダグアウト手前の難しいファールフライ。
ロスが弾いてしまいましたが、リゾがナイスカバーです!
で、これだけ見ると、まあ好プレーですね、って話ですけど。

1980年のワールドシリーズで、ボブ・ブーンとピート・ローズが似たプレーを見せていました!
よくもまあ、こんな映像を掘り出してきたものですねー。
ローズがいるからレッズっぽいけど、これはフィリーズ時代の出来事ですね。
この年フィリーズは世界一に輝いたので、カブスに縁起のよいプレーが出たわけです!

4回には同じくファールフライを巡って、ロスとリゾが衝突してしまう場面も。

ロスは盗塁阻止を見せました!
これは完全に走ってくるのがわかっていましたねー。
癖を盗んだのか、サインを盗んだのかわかりませんが。笑
ちなみに日本ではサインを盗んでも、重要な場面でしかそれを活かさないらしいです。
サインを盗んでいることに気が付かれて対策取られたら面倒だからということですが。

スポンサード リンク

ウィルソン・コントレラスの好プレー

ロスは途中交代してウィルソン・コントレラス。
ベース手前でワンバウンドしたボールをナイスキャッチです!
これは素晴らしいプレーでしたね。
チャップマンがアウト8個を奪って1点差を守り抜きました!

スポンサードリンク

ボブ・ブーンの動画まとめ

スポンサード リンク