00年代の最強投手とも言われるロイ・ハラデイ。
本格ブレイクまでにメジャーの壁にぶち当たり、引退の危機にまで追い込まれたことでも知られていますが。
しかし、彼のデビュー当時のインパクトは大きかったようです。

スポンサード リンク

ボビー・ヒギンソンが打ち砕く

ハラデイはデビュー2戦で、タイガースを相手に9回2アウトまでノーヒットピッチングを続けました。
それを打ち破ったのが当時の主砲ボビー・ヒギンソン。

あとアウト1つでノーヒッターだったんですけどね。
最終的には、あと1人からアウトを奪って完投勝利となりましたが。
しかしハラデイが若い!

ボビー・ヒギンソン
画像: blessyouboysより

まあしかし、これは時代を感じさせますな。
いまの時代だったらハラデイのような有望株は球数制限がありますからね。
ノーヒットピッチングでも降板させていた可能性がありますな。
少なくともホームランを打たれたところで交代でしょうからね。
まあ、何にしても惜しかったですが、後に大エースに成長してノーヒッターも完全試合も達成するんだから凄いですね!
それはまた次回紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ボビー・ヒギンソンの動画まとめ

スポンサード リンク