Pocket

14年に28セーブをあげるなどメッツのクローザーとして活躍したヘンリー・メヒア
先発からリリーフ転向でブレイクを果たしたのですが、実質この1年しか活躍はありませんでした。
今年の開幕前に3度目の薬物違反で永久追放処分になってしまいました。

ヘンリー・メヒア
画像: theguardianより

まあ、メジャーリーガーとしては小柄な男なので、薬物の力を借りる必要があったのかもしれません。
彼はドミニカ出身ですが、貧困にあえいでいる人の気持ちなんて日本人にはわからないですからね。
薬を使ってメジャーリーガーになるか、使わずにマイナーの投手で終わるか。
どちらかを選ぶなら、薬を使う方を選ぶのも理解はできます。

とはいえ、3度も違反を犯すとはねー。
それぞれ事情もあるでしょうから問答無用に薬物批判をする気はないですけど、さすがに永久追放はね・・・。

スポンサード リンク

ヘンリー・メヒアの試合終了時のパフォーマンス

メヒアといえば試合を締めた際のダンスが話題になっていました。

熱い男、陽気な男というふうに見ることもできますが・・・。
永久追放処分になった今となっては、精神的な未熟さの表れにしか見えなくなってしまいますな。

マナー違反として議論されそうなもんですが。
いまとなっては、その必要もなくなったわけですからねー。
しかし、良い投手だけに残念なことになってしまいました!

どうせなら2度目の時点で日本に来ていればバレずに稼げたのにね。笑
永久追放になったから日本でもプレーできないのでそれも叶わず。
まあ、それもあながち冗談とも言えなくて、日本なら薬使ってもバレないから来日する選手だっているでしょうからね。

日本は薬に厳しいお国柄だし、親会社のイメージダウンを嫌って、薬物検査を厳しくしようという気にもならないのでしょうが。
だからこそ球団側じゃなくてNPBが権限を持つ必要が出てくるわけですが。
NPBは球団側に権限がある仕組みなので、どうしようもないですね。
前コミッショナーもいろいろあってかわいそうでしたが・・・。
ファンもマスコミと一緒になってコミッショナー叩きしているようじゃあ、進歩も発展もないですね。

スポンサードリンク

ヘンリー・メヒアのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク