Pocket

ブログを始めてから2、3か月はなかなかアクセスが集まりません。
基本的にブログからのアクセスというのは検索エンジン経由が多くなります。
新しいブログは検索エンジンからの評価が低いので、どうしてもアクセスが集まらないというわけです。

アクセスを集めるにはキーワード選定が重要

初期はアクセスのことは気にしないでコンテンツを追加していくことも必要です。
とはいえ、アクセスが集まらないと記事を書くモチベーションも上がらないでしょう。
そういう人は、アクセスが集まりやすい記事を書くことをおすすめします。
初期でもアクセスが集まりやすい条件は2つあります。
・いま話題になっている
・無名がいきなり有名になった話題(ライバルサイトやブログが少ない)

3a64584493d7d27071fe0545dd14eb21-233x300
画像:東スポWEBより

「いま話題になっている」というのは、話題になっていないと検索する人が少ないので、仮に上位表示できてもアクセスが集まらないという意味です。
そして重要なのが「無名だったのにいきなり有名になった話題」です。

YG-Syoki-Kasahara20110629
画像:ウィキペディアより

この条件をクリアする例を野球で出してみます。
もしイチロー選手がマイナーリーガーとトレードされた場合。
多くのファンが「交換相手ってどんな選手なんだろう?」と検索します。
まあ、実際に過去このケースが起きたわけですが・・・。
マイナーリーガーの記事なんて日本で書いている人はまずいません。
だから記事を書けば簡単に上位表示できてアクセスが集まるというわけです。

スポンサードリンク

これを応用して時期を書く・・・

こんな感じで、それまで誰も注目しなかったものが有名になったタイミングで記事を書くとアクセスが集まりやすいです。
人以外にも造語とか新番組とか、ニューオープンするお店とか、いろいろあると思います。
芸能ニュースだとライバルも多いので、新しいブログでは上位表示も難しくなるかもしれません。
だからいろんな新しいものに注目して「これ検索する人いるかな?」と思ったものを記事にしていくとアクセスが集まりますよ。
テレビを見て面白い出来事があったらそれを記事にするのもおすすめですよ。

afr1510050019-p2
画像:産経ニュースより

アクセスは集めてからが大変

ただやはり新しいものは情報が少ないわけですから、それだけ内容のある記事を書くのは難しくなります。
自分の得意分野とかならともかく、そうでないなら内容のない記事になってしまうかもしれません。
それでアクセスを集めてしまうと、グーグルから内容のないブログだと評価されてしまうので気を付けましょう。
単にアクセスを集めるだけなら、コツを掴めばさほど難しくはありません。
だけどアクセスを集めたときはそれだけグーグルからも注目されるので、厳しい目で見られるということは意識しましょう。

6
画像:毎日新聞より

ブログを見た人がすぐに閉じてしまうような内容だと、グーグルがブログの評価を下げます。
だから「アクセスは集めてからが大変」という意識を持つことが大切です。
初期はアクセスのことを気にしなくてもいい、というのはそういう意味も込めています。
とりあえずは「新しいもので上位表示はされるけど、検索する人は少ない」みたいな記事を書くといいかもしれません。
それで記事を書くコツやキーワード選定のコツも掴めますからね。
何も考えないで書くより、アクセスもずっと増えていくのでモチベーションにもつながります。

スポンサード リンク