今シーズンはエンジェルスで17試合の出場に終わったブレンダン・ライアン。
貧打とはいえ最高クラスの守備で魅せてくれる選手ですが。
このブログに1度も登場していないので、守備でも見せ場がなかったということですね・・・。

ヤンキース時代にはジーターとの守備力に違いに、ヤンキースファンは感激。

貧打のショートということで小柄なイメージを勝手に持っていますが、190センチ近い大型選手です。

セカンドでも好プレー。

サードでも素晴らしい守備を見せています!
来年35歳と年齢的には厳しい立場ですが、ユーティリティープレーヤーとして活躍してもらいたいところですねー。
外国人枠がなければ日本でもこういうプレーが見られるのですが。
外国人枠がある以上は、どうしても強打者が優先になっちゃいますね。

スポンサード リンク

ブレンダン・ライアンのゲン担ぎ

通算打率2割前半と貧打のイメージが強いライアンですが。
レギュラー1年目には.292、ルーキーシーズンも.289と高打率を残しているシーズンもあります。
で、カージナルス時代のルーキーシーズンには、ゲン担ぎを巡って先輩に怒られたとか。

ブレンダン・ライアン
画像: lohud.より

3安打したので翌日も同じシャツを着て、ジム・エドモンズに怒られたとか。笑
しかし、それでもヒットを打ったので3日連続、4日連続とシャツを着続けるという・・・。
大ベテランに怒られてもこだわり続けるという、それくらいの気持ちがないとMLBではやっていけないのかな?
最終的にはシャツをズタズタに引き裂かれて、お金と一緒に置かれたそうですが。
そういうイタズラもアメリカっぽいエピソードですねー。

スポンサードリンク

ブレンダン・ライアンの動画まとめ

スポンサード リンク