レイズの有望株ブレイク・スネルが初勝利をあげました!

5回1アウトで4失点は必ずしも良い結果ではないかもしれませんが、強力レッドソックス打線が相手ですからね。
体格も良いですし、左腕から150キロ中盤の速球で将来性を感じさせますね。

タイレル・ジェンキンスの初奪三振

こちらはブレーブスの有望株タイレル・ジェンキンス。

193センチの長身ですが、細身なのでそこまで大きく感じないですね。
ちなみに、ジェイソン・ヘイワードとのトレードで獲得した有望株です。

巧みな牽制でアウトを奪う場面も。
この日は3回からのリリーフで4イニング4失点、負け投手という結果でした。

スポンサード リンク

ジョン・ガントの故障

ジェンキンスがリリーフしたのも、先発ジョン・ガントの緊急降板があったからです。

この日は初回に強烈な打球に対してグラブを飛ばす場面もありました。

アンラッキーな日となりましたね・・・。

ジョバ・チェンバレンもグラブを飛ばす

対戦相手のインディアンス、ジョバ・チェンバレンも強烈な打球にグラブを飛ばす場面がありました!

飛ばすというか、はじくというか、なんという表現が正しいのかわからないけど。

審判も負傷

この試合はさらに球審も負傷してしまうアクシデントも。
ちょうどプロテクターがない箇所だったかもしれませんね・・・。
プロテクター越しでも凄い衝撃でしょうけど、不運なアクシデントでした。

クリス・ジメネスの盗塁阻止

インディアンスのクリス・ジメネスは盗塁阻止を見せました!

A.J.エリスの盗塁阻止

ドジャースのA.J.エリスの盗塁阻止です。
こちらは送球ミスしちゃいましたけどラッキーなアウトでしたね。

スポンサード リンク

アレドミス・ディアスの故障

今シーズンのサプライズ選手の1人であるカージナルスのショート、アレドミス・ディアス。
好調なシーズンを送っていますが、ダニー・ダフィーに盗塁を阻止されました。

これにはヘルメットを叩きつけて悔しがっていますが・・・。
どうやら判定に不満があり気ですね。
まあ、この辺りはまだまだ精神的に未熟と言ったところでしょうか。
彼の不運はここからで・・・。

自打球を顔に当てて負傷退場。
3割を超える高打率でブレイクを果たしているだけに、ここから壁を乗り越えることができるのか、少し不安になってきましたね。

ダニエル・メンデンの好捕

これはナイスキャッチでしたね!
スコット・カズミアーとのトレードでアストロズから獲得した投手です。
ここまで4試合で1勝3敗ですが、防御率2点台の好投を見せているので今後も楽しみな投手ですね。

スポンサードリンク

ブレイク・スネルの動画まとめ