Pocket

Dバックスの有望株アーチー・ブラッドリー。
やや評価を落としてきているのは気になりますが・・・。

この日はデビッド・オルティーズから三振を奪う場面も。
しかし、その直後にハンリー・ラミレスの打球を受けてしまいました。

続投はしたものの、6回途中6失点自責点4で負け投手に。
シーズンを通しても4勝8敗で防御率も5点近い不調っぷりです。

ルーク・ウィーバーがデビュー

カージナルスのルーク・ウィーバーがデビュー。
先発して4回を2失点で降板。
たぶん、球数やイニング制限のための降板だと思われますが。
ちなみに2番手で登板した有望株のアレックス・レイエスが初勝利をあげました!

スポンサード リンク

ヤディアー・モリーナの盗塁阻止

カージナルスと言えばヤディアー・モリーナが見事な盗塁阻止を見せました!

レイナルド・ロペスが初勝利

ナショナルズのレイナルド・ロペスが7回1失点でMLB初勝利を挙げました!
98マイルの速球をガンガン投げ込んでいるので将来も楽しみですね。
なんか、いかにも故障しそうな投手の気もしますが・・・。

ジェイソン・ハーシュの初奪三振

同じ試合でブレーブスのジェイソン・ハーシュが初奪三振を記録しました!

カイル・ヘンドリックスの12奪三振

カイル・ヘンドリックスの奪三振ショーです!

スポンサード リンク

ブランドン・モローが16年初登板

マリナーズやブルージェイズで活躍したブランドン・モローが今シーズン初登板を果たしました。
先発でもリリーフでも実績がある投手ですが、故障も多いのでリリーフ再転向ですかね。

ガブリエル・イノアのデビュー

同じ試合でマッツのガブリエル・イノアがデビュー。
1イニングをパーフェクトで抑えると裏の攻撃でサヨナラ勝ち、勝利投手となりました!

ボールガールの好プレー

レンジャーズのボールガールが見事なジャンピングキャッチを見せました!
美形ですけど、アメリカンらしく体格もがっちりとしております。

スポンサードリンク

ブランドン・モローの動画まとめ