Pocket

07年にマリナーズの有望株としてデビューし、リリーフで結果を残したブランドン・モロー
10年にブルージェイズでトレードされると、先発投手として3年連続2ケタ勝利。
11年には200奪三振も記録するなど、才能を発揮しました。

スポンサード リンク

ブランドン・モローの17奪三振完封

モローのハイライトと言えば、ブルージェイズ時代の10年に見せた好投です。
17奪三振で完封勝利、9回2アウトまでノーヒッターを継続するという内容でした!

ヒットを打ったのはエバン・ロンゴリアです。
セカンドは名手のアーロン・ヒルだけに、好プレーを見せてほしかったですねー。
えてしてこういうヒットはスッキリとしないものですな。
いっそのことホームランならと思いましたが、このケースだと逆転になりますね。笑

usa-today-8549419-0
画像: mlbdailydishより

モローは故障もあり近年は低迷。
今シーズンはパドレスでリリーフ投手として復帰しました。
18試合の登板ながら復活の手ごたえを見せているので、来シーズンに期待したいところですね!

スポンサードリンク

ブランドン・モローの動画まとめ

スポンサード リンク