Pocket

先日、ジャイアンツのブランドン・ベルトが負傷退場するアクシデントが起こりました。

ブランドン・クロフォードの打球がドカベンの通天閣打法状態でフェアに。
一塁ランナーのブランドン・ベルトが野手と交錯。
スライディングに失敗してしまい怪我となってしまいました。
セカンドベースを離れ、アウトになってしまうほど痛がっています・・・。

usa-today-8125952.0
画像: mccoveychroniclesより

しかし現在も試合に出ているようなので大怪我というわけではなかったようです。
今年も安定した活躍を見せていますし、一安心と言ったところですね。

スポンサード リンク

グレゴール・ブランコも不運なアクシデント

同じくジャイアンツのグレゴール・ブランコは牽制球が頭に当たるアクシデントが。

こちらはその後も試合に出続けて、三塁打を打つ活躍も見せました。

球審がファールチップを受けるアクシデント

別の試合では球審がファールチップくらいました。
衝撃がかなり凄いでしょうね・・・。

ポール・ゴールドシュミットが電話を破壊

こちらの試合ではファールボールが電話に直撃して壊れるハプニングも。

打者のゴールドシュミットは球界最高級の選手ですが今年は低調ですね。
ここから上げてくるとは思いますが、ちょっと心配です。

スポンサードリンク

ブランドン・ベルトの動画まとめ