レッズのブライアン・プライス監督がストライク判定に抗議して退場となりました。

打者のタッカー・バーンハートもボールと思っているし、確かに低く見えるのですが・・・。
どうやらこれはストライクのようですね。

MLB: San Diego Padres at Cincinnati Reds
画像: cbssportsより

バーンハートはグッと堪えていますが、これは彼が捕手だからです。
文句を言えばチームが不利になることがわかっているので何も言いません。
監督が彼を代行して抗議しているわけですが、これも彼にしては有難迷惑というやつですね・・・。
この試合のレッズはMLBワースト級のパドレス相手に、8回まで毎回得点を許すなど13対4で負けています。
まあ、レッズはパドレスよりも状態が悪いのですが、それを象徴するような試合でしたね。

スポンサード リンク

タイラー・アンダーソンの好プレー

ロッキーズのタイラー・アンダーソンがピッチャー返しの打球をナイスキャッチです。

ジェイク・ピービーの好プレー

そしてこちらはジャイアンツのジェイク・ピービーの好プレー。
足で弾いた打球を自ら処理しました!

トレバー・ブラウンの強肩

ジャイアンツの控え捕手、トレバー・ブラウンの見事なピックオフです!
さらに盗塁阻止も決めましたが。
実質3番手の立場だったブラウンですが、アンドリュー・スザックの故障で2番手に。
打撃は平均以下ですが、さすがメジャーリーグの捕手だけあって守備は正捕手級です。

MLBに打てる捕手が多いのもMLBに昇格する捕手なら誰でも正捕手が務まる守備力を誇っているからです。
それだけの競争力があるから打てる捕手が正捕手になるわけですね。
打てる捕手がいなくなったと言われる日本球界ですが、競争力を上げないとレベルアップは望めないってことですね。

スポンサード リンク

トニー・バーネットがバットを捕るフリ

日本でもお馴染みのバーネットが、転がってきたバットを処理するフリを見せました!
MLBでも好リリーバーとして活躍を見せていますね。

スポンサードリンク

ブライアン・プライスの動画まとめ