ブレーブスの主砲フレディ・フリーマン
ファーストとしては長打が少ないタイプで、14年に結んだ8年契約は過大評価かと思われましたが。
今シーズンはキャリアハイの34本塁打&43二塁打でブレイクを果たしました。

こちらが2010年のMLB初ヒット。
翌11年には新人王投票2位の活躍を見せました。
ちなみに新人王はクローザーとして圧倒的な成績を残したチームメイトのキンブレル。
フリーマンも打率.282 21本塁打 76打点ですから例年なら新人王でもおかしくなかったですね。

初ホームランは当時の最強投手ロイ・ハラデイから。
今シーズンはチームが低迷するなかでの素晴らしい活躍。
トレードの噂もありましたが、来年新球場を迎えるということで放出がなかったというのもあるでしょうからね。
生え抜きのスター選手として、来年も活躍をしたいところです。

スポンサードリンク

フレディ・フリーマンのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク