Pocket

先日のMLBは母の日ということで、ピンクのユニフォームが目立ちましたが。
そんな中で親孝行をやってのけたのがオリオールズのフランシスコ・ペーニャ捕手です。
前日に母に電話すると、ホームランを打つと約束。

見事ホームランを打ち、しかもキャリア初の1試合2本塁打を記録しています!

てか、試合前まで通算1本塁打ですからね。
正捕手というわけでもないですし、失礼ながらホームランの約束というのもほとんどジョークに思えますが。

ちなみに父トニー・ペーニャは現在ヤンキースのベンチコーチで、WBCドミニカ監督として優勝に導いています。
捕手としてゴールドグラブ賞4度の名手でもあります。

With my big bro @tpj1406 always together #family #latetbt #memories

Francisco Peñaさん(@franpena26)がシェアした投稿 –

そして兄トニー・ペーニャ・ジュニアも元メジャーリーガーという野球一家です。
しかし、こうしてしっかりとホームランを打つあたりはメジャーリーガーは特別な才能を感じますねー。
そりゃあ、100人ぐらい同じ約束をしていて、そのうちの1人がペーニャだったというだけのことかもしれませんけど。
それにしても凄いエピソードでした!

スポンサードリンク

フランシスコ・ペーニャのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク