衰えも懸念されているマリナーズのフェリックス・ヘルナンデス。
先日の登板は大量援護もあり勝ち投手にはなったものの、6回途中に6失点で降板。
3回に四球を出した際には、球審に怒りをあらわにする場面もありました。

ストライクゾーンに抗議をしてはいけない理由として、審判の判定が勝敗に影響していると感じさせてはいけないというものがあります。
ヘルナンデスのような大投手が怒っているだから、球審のジャッジがおかしいとファンが思うのは当然のことです。
少なくともあの1球に関しては判定通りボール球でしょうけど・・・。

usa-today-9312781-0
画像: lookoutlandingより

真実はともかく審判の買収が問題になるスポーツだってあるわけです。
賭博を含め、野球にそういう疑惑が出ないようにルールでの規制だけでなく、マナーも存在しているわけですね。

スポンサード リンク

ジェイク・ブキャナンの初奪三振

カブスのジェイク・ブキャナンがカブス移籍後初奪三振を奪いました!

ジャスティン・バーランダーの11奪三振

ジャスティン・バーランダーの奪三振ショーです!

守備でも好プレーを見せました!

エドウィン・ジャクソンの11奪三振

パドレスのエドウィン・ジャクソンも11奪三振を奪いました!
パドレス移籍後は先発投手として投げていますが、やはり安定感のあるピッチングとはいっていませんね。

スポンサード リンク

ボールをキャッチできなかったファン

飛び込んだのですが捕球失敗・・・。
これは痛そうですね!
カメラにもバッチリ撮られたし良いことなしです。笑

スポンサードリンク

フェリックス・ヘルナンデスの動画まとめ