マリナーズのキングこと、フェリックス・ヘルナンデス
08年にメッツとの交流戦で自身初のホームランを打っています。
しかもグランドスラムで、相手投手は当時の最強投手ヨハン・サンタナ

DH制導入後、ア・リーグの投手が満塁ホームランを打ったのはこれが初の快挙とのこと。
もちろん、マリナーズの投手としては球団史上初の快挙になります。

フェリックス・ヘルナンデス
画像: seattlemagより

しかし、今シーズンのヘルナンデスはキャリア最低とも言っていいシーズンとなりました。
本人は衰えを否定しているようで、実際にまだ30歳と意外と若い投手ではあります。
ですが、19歳でデビューして以降、ずっとローテを守っているだけに勤続疲労や故障は心配になります。
来シーズン復活してくれればいいですが、さらに低迷するようだといよいよ心配になりますね・・・。

スポンサードリンク

フェリックス・ヘルナンデスの動画まとめ

スポンサード リンク