先日タイガースのビクター・マルティネスが3本塁打を打ちました!
試合前には彼のファンだという少女とハグ。
まさに幸運の女神となった少女です。

しかし、14年のMVP級の成績から昨年は自己ワーストの成績。
今年も37歳という年齢から復活は厳しいかと思われましたが・・・。

スイッチヒッターなのでこの日は両打席本塁打も記録しました。
シーズン成績もここまで3割超えの打率に、12本塁打と衰えを感じさせない勢いで打っています。
タイガースはオフに大型契約で獲得したジャスティン・アップトンが大不振。
しかし期待の若手ニック・カステヤノスはようやくブレイクの兆しを見せ、衰えが心配されたミゲル・カブレラも好調です。

MLB: Detroit Tigers at New York Yankees
画像: thesportsquotientより

ただ、打線はともかく、投手陣に不安が残ります。
オフに獲得したジョーダン・ジマーマン投手が及第点の成績、ジャスティン・バーランダーもプチ復活を遂げています。
ルーキーのマイケル・フルマーも活躍しているのですが、全体的に厳しい戦力となっています。
オーナーの意向もあって勝利が義務付けられている球団だけに、先が思いやられる展開ですね。
大型契約も多いので数年後は暗黒モードに突入かもしれません。

スポンサードリンク

ビクター・マルティネスの動画まとめ