試合前にホセ・フェルナンデスを思い涙するデビッド・オルティーズです。

この日はタンパベイでの最終戦ということもあり、現地のファンがオルティーズをスタンディングオベーションで迎えました。

そしてこの試合、レッドソックスは偉大な奪三振記録を2つも更新しました!

スポンサード リンク

エドゥアルド・ロドリゲスとヒース・ハンブリーが連続奪三振

この日先発のエドゥアルド・ロドリゲスは5回1アウトを投げて13奪三振の好投。

6連続奪三振で降板すると、リリーフしたヒース・ハンブリーも5者連続奪三振。
これで11連続奪三振となり、10連続奪三振のMLB記録を更新しました!

これは恐ろしい記録ですねー。

スポンサード リンク

ジョー・ケリーで21奪三振

さらに9回2アウトからジョー・ケリーがチームとして21個目の奪三振を奪いました。

こちらも1試合20奪三振のMLB記録を更新する偉大な三振となりました!
レイズとしては不甲斐ない1日となってしまいましたが、延長戦にもつれ込むなど試合自体は健闘しているんですよね。
最近負けまくっている印象のあったヤンキースですら貯金7という、ハイレベルな地区でダントツ最下位のレイズ。
まあ、レイズだってそんなに悪いチームじゃないですからねー。
来シーズン以降の厳しい戦いとなるでしょうが、頑張ってほしいものですね!

スポンサードリンク

ヒース・ハンブリーの動画まとめ