バーノン・ウェルズと言えば大型契約を結んだ直後から成績が低迷し、晩年の印象が悪い選手です。
衰えが早いとされるアスリートタイプで、しかも人工芝の本拠地でプレーしていたのである程度は想定内の出来事ではあったわけですが・・・。
11年にブルージェイズが上手い具合にエンジェルスへ押し付けトレード。
獲得したエンジェルスのGMが責任を取る形でクビになると、余計に不良債権のイメージが強くなりました。笑

MLB: Spring Training-Seattle Mariners at Los Angeles Angels
画像: cbssportsより

現役最終年となった13年にはヤンキースでプレー。
ポジションは外野手ですが、サードやセカンドを守り話題にもなりました。

守備機会もありましたが無難に打球を処理しています。

この試合では先制のホームランも打つ活躍。
ヤンキースのチーム事情もありましたが、なんだかんだで130試合も出場しています。
現役時代の半分はイメージの悪い、ある意味では不運な選手でもありましたね。

スポンサードリンク

バーノン・ウェルズのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク