Pocket

ツインズのバイロン・バクストンが最終戦でランニングホームランを打ちました!

これで10本塁打10盗塁を記録したわけですが・・・。
来シーズンこそ本格ブレイクとなってもらいたいものですね。
また、バクストンと並んでツインズの次代を担う選手と期待されているミゲル・サノもホームランを打ちました!

こちらは25本塁打と一定の活躍は見せましたが、昨年のルーキーシーズンの勢いに比べると物足りないのも事実です。
まあ、2年目のジンクスということで、来シーズンに期待したいところですけどね。
慣れない外野でのスタートでしたが、最終的にはサードに落ち着きました。
昨年は主にDHだったので守備の負担もあったのかもしれませんね。

byron_buxton1280_k7nqyqu4_120phgtj
画像: mlb.comより

何にしても、この2人のブレイクはツインズが勝つためには必要不可欠ですからね!
若い野手は出てきつつあるので、やはりこの2人が中心となる必要があります。
まあ、あとは投手も課題が山積みですが・・・。
スモールマーケットの球団なのでチーム運営も大変ですね。

バイロン・バクストンの動画まとめ