レンジャーズのエース格投手コール・ハメルズ
フィリーズ時代には球団史上最高峰の有望株と期待され、デビュー後も男前エースとして活躍しました。
そんなハメルズが当時ルーキーのブライス・ハーパーに対して故意死球を与えて話題になりました。

ハメルズ本人も事実上、故意だと認めるような発言をしたわけですが。
これに対してはあまり大きな問題にはなりませんでした。
というのもハーパーの仕返しが秀逸だったので、ハメルズどうこうよりもハーパー称賛の方向に向かったからです。
死球後三塁まで進んだハーパーは、なんとホームスチールを決めました!

これは見事なホームスチールでしたね。
ハメルズはジョーダン・ジマーマンに報復死球もくらったし、踏んだり蹴ったりでした。
ちなみに過去にはハーパーのような大物ルーキーに対して、ブラッシュボールで威嚇するような「歓迎」があったようです。
マイナー時代から態度のデカさで賛否両論あったハーパーだけに、余計に目をつけられたのかもしれませんね。
また、ハーパーはこれがMLB初盗塁ということで、記憶にも記録にも残る盗塁でした!

スポンサードリンク

コール・ハメルズの動画まとめ

スポンサード リンク