Pocket

MLBの有名な乱闘の1つが03年のポストシーズン。
ヤンキース対レッドソックスでの出来事があります。
現役時代は日本でもプレーしたことがあるドン・ジマーペドロ・マルティネスに投げられてしまいました。

最初に怒っているヤンキースの打者は、後にオリックスでプレーするカリーム・ガルシア
その後ロジャー・クレメンスの投球にマニー・ラミレスが怒り、乱闘となってしまいました。
ペドロもロジャーも気性の荒い大投手ですが・・・。
まあ、投げ飛ばしたというかタックルを受け流した感じではありますが、当時72歳のおじいちゃん相手だけに印象は悪かったですね。
印象が悪いというか、下手すりゃ事故ですからね・・・。

ドン・ジマー ペドロ・マルティネス
画像: nj.comより

このような乱闘もありながら大激戦シリーズを制したのはヤンキース。
そして翌年のポストシーズンはレッドソックスが奇跡の大逆転でヤンキースに勝利し、世界一にもなりました。
僕は翌05年からMLBに興味を持ったのですが、この時のシリーズは面白かったでしょうねー。
まあでも、カブスの世界一を興味持ってみることができたから良かったですけど・・・。
それにしてもストーリー性で言えば、03、4年のポストシーズンが史上最高なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

ドン・ジマーのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク