Pocket

先日、レンジャーズのドリュー・スタッブスがサヨナラ本塁打を打ちました。

10年のフルシーズン1年目に22本塁打30盗塁と、5ツールプレーヤーとして将来が期待された選手ですが、完全に伸び悩みましたね・・・。
それでも14年まではレギュラークラスの出番がありました、昨年から出番も減少。
いつか日本に来るのではないかと思ってしまいますな。
しかし、才能のある選手だけにMLBでもう一花咲かせてほしいものです。

スポンサード リンク

ハンター・ペンスの通算200本塁打

この日はペンスが通算200本塁打を打った日でもあります。
野性味あふれるプレーが持ち味のペンスですが、彼らしいホームランでしたね。

アルバート・プホルスの決勝ホームラン

かつての最強打者プホルスが貫禄の一発を打ちました。

ミゲル・カブレラの特大ホームラン

そして、そのプホルスと同時期に活躍し、最強打者の称号を得たカブレラ。
故障が増えて衰えも心配されますが、今シーズンここまで好調です。

スポンサードリンク

メルビン・アップトン・ジュニアの特大ホームラン

04年に19歳でデビューし球界を代表する選手へと成長が期待されたアップトン。
このホームランからもわかるように細身ながらパワーも持ち合わせています。
12年には28本塁打31盗塁という活躍も見せましたが、完全に伸び悩んだ選手です。
早期デビューは失敗する典型的な例でしたね。

カルロス・コレアの特大ホームラン

彼も20歳と早期デビューでしたが、新人王を獲得する大活躍でした。
アップトンと同じく「A・ロッドの再来」と期待されますが、期待通りの活躍を見せていますね!
気の早い話が将来の殿堂入り候補でもあるので、怪我なく順調に育ってほしいものです。

スポンサード リンク

ドリュー・スタッブスの動画まとめ