Pocket

13年のワールドシリーズで7割近い打率を残すなど、神がかり的な活躍を見せたデビッド・オルティーズ
13年の物語の始まりはチャンピオンシップリーグ第2戦。
4点ビハインドの8回2アウトから、同点グランドスラムを打ったことです!

このホームランでレッドソックスはシリーズの流れを呼び寄せたとも言われています。
それまでは連敗濃厚だったわけですからねー。
以前、このホームランをトリー・ハンターがフェンスを越えたことでサラッと紹介したことがありますが。
ハンターの足がバンザイしている横で、警備の警察官もバンザイしている写真が話題になりました!

トリー・ハンター
画像: usatodayより

この警察官は大のレッドソックスファンで、職務中にも関わらず思わずバンザイをしてしまったようです。笑
顔のヒゲも当時レッドソックスで流行っていたから、自分も真似をしていたんだとか。
縁起が良いということで、彼はその後も試合も警備を任されたようで。
そして最終的にレッドソックスが世界一になったんだから、彼も幸運のお守りとしてちょっとしたヒーローですね!

スポンサードリンク

トリー・ハンターの動画まとめ

スポンサード リンク