Pocket

インディアンスで一時期最強DHとして活躍したトラビス・ハフナー
全盛期は短く、実質MLB屈指の打者として活躍したのは04~6年の3年間。
通算 213本塁打というのも、そんなに打っていたんだという印象ですが・・・。


画像: cbssportsより

現役最終年となる13年はヤンキースでプレー。
古巣クリーブランドでの凱旋試合ではスタンディングオベーションで迎えられ、しかもホームランを打ちました!

ホームランを打った後はスタンディングオベーションがなかったですね。笑
地域によってはあるわけですが、まあ先制スリーランだから試合展開的にも仕方がないですね。
しかし、怪我もあったとはいえ突如衰えた選手なので寂しい限りですね。

スポンサードリンク

トラビス・ハフナーのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク