Pocket

ヤンキースがホワイトソックスとトレードをまとめて話題になりましたが。
こちらは、その選手たちがヤンキースに合流です。

ロバートソンはヤンキースでも活躍した投手ですが、トミー・ケインリーもヤンキースがドラフトで獲得した投手のようですね。

ヤンキースでのデビュー登板は1回をパーフェクトピッチだったようです!

ちなみに先日はヤンキース戦で打たれて、ベンチで暴れていました。笑
この投手がヤンキースに移籍するんですからねー。
まあ、MLBでは珍しいことではないわけですけど。

トッド・フレイジャーは代打で登場して三振に終わっています。

The Toddfather looks happy to be a Yankee 😃

New York Yankeesさん(@yankees)がシェアした投稿 –

ヤンキースに移籍した選手が謎の活躍を見せることは多いので、それを期待したいところですな。
やっぱ伝統ある球団だし、やる気がでるというか身が引き締まるんでしょうねー。

スポンサード リンク

クリント・フレイジャーは背番号を譲る

クリント・フレイジャーは背番号30をデビッド・ロバートソンに譲ったようです。
ロバートソンはヤンキース時代も30を付けていましたからね。
ちなみにこのようなときは、譲ってもらった側がお返しにプレゼントをする習慣があるようです。
フレイジャーはルーキーだし、なにか高級ブランド品でももらったのかな?

新しい背番号で好プレーを見せたフレイジャー。
ここまで結果を残しているので、後半戦も良い働きを期待したいところです!

スポンサードリンク

トミー・ケインリーのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク