MLBを代表する安打製造機トニー・グウィン
首位打者8回、通算打率は.338。
1年目に打率.289を記録して以降、引退シーズンの.324まで1度も打率3割を切らなかった巧打者です。

同時期に活躍したウェイド・ボッグスと比較され、3000本安打の達成日は1日違いだったようです。(グウィンが1日早い)
通算3141安打、ご覧のように巨体ですが通算319盗塁と若い頃には足もあったようです。

こちらは通算2000本安打。
しかしグウィンは14年に唾液腺癌で死去。
彼の死がきっかけでMLBでは噛みタバコが禁止されるなど、大きな影響を持ちました。

トニー・グウィン
画像: huffingtonpostより

日本球界もいまではタバコの愛用者もかなり減ったようですけど、それでも半数は吸っているとも言われています。
一応、いまでは分煙ぐらいはされているのかな?
僕はタバコ吸わないからわかんないけど、守備中とか打席中にタバコを吸いたくなったりするでしょうからねー。
それでパフォーマンスが下がるのもいかがなものかと思うし、タバコなんて吸わないに越したことはないですね・・・。

スポンサードリンク

トニー・グウィンのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク