ロッキーズ初の永久欠番選手となったトッド・ヘルトン
通算2500安打、シーズン打率.372など素晴らしい実績を残した選手ですが。
大型契約後に成績を落としたことから、晩年のイメージはあまり良くなかったですね。

まあしかし、偉大なスター選手であることに変わりはありません。
13年に引退を表明し、ホーム最終戦は盛大に迎えられました!
奥さんも娘さんも美人ですね!

ヘルトンのヒゲのせいだと思いますが、娘さんが2人ともキスをしたあとに口元を気にしているのが笑えますが。笑
でもこうしてキスをしたり抱き合ったりするのが素敵ですね!
日本の親子だとテレもあってか、なかなかこうはなりませんからねー。
そもそもキスをする習慣、文化自体がないでしょうし。

スポンサード リンク

トッド・ヘルトンのラストホームラン&二塁打

通算369本塁打の強打者ヘルトンのキャリアハイは49発。
最終戦でもしっかりとホームランを打つあたりはスター性がありますね!

通算打率も.316、出塁率は.414とさすがです。
晩年の低迷していたイメージが強いですが、それでもハイアベレージですな。

さらにヘッドスライディングをしながら二塁打を打って盛り上げました!
通算二塁打は592本で現在MLB歴代18位。
ちなみにNPB記録が立浪和義さんの487ですから、いかに凄い記録かってことですね!
近年では珍しくなったロッキーズ一筋のフランチャイズプレーヤーでした。

スポンサードリンク

トッド・ヘルトンのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク