Pocket

MLB歴代屈指の強肩選手と言われているデーブ・パーカー
コカイン使用の過去がなければ殿堂入りとも言われる名選手です。
79年のオールスターでは守備でのプレーが評価されてMVPになるという珍しい快挙を成し遂げています!

このブライアン・ダウニングをアウトにした好プレーは、MLB屈指のスローと言われているようです。
さらにもう1つ、打球を見失うもサードでジム・ライスをアウトにする好プレーも。

前年のナ・リーグMVPでもあったパーカー。
当時は2年連続首位打者でMLB屈指の打者として活躍。
守備も含めると当時最高の選手と言っても良かったと思われます。
当時28歳ですが、結局は殿堂入りが出来なかったわけですからねー。
まあ、自業自得の面はあるわけですけど、MLBの殿堂入りはハードルが高いですね。

スポンサードリンク

デーブ・パーカーのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク