なんかデレク・ジーターがマーリンズ買収に動くという記事が話題になっていますね!
ジーターは現役時代から引退後は球団オーナーに興味を持っているとコメントしていました。
もしジーターがマーリンズを買収すれば、日本でも無理やりイチロー選手に関連付けて大きな話題になります。笑
ただマーリンズ買収には1000億円は必要になると言われているのですが・・・。
ジーターのその資金源について書いてみます。
ちなみに、過去にもこの手の話をしたことがありますな。

スポンサード リンク

デレク・ジーターの投資家グループとは?

いくらジーターといえども、MLBの球団買収が出来るほどのお金は持っていません。
では、どうやって買収するだけの資金を調達するのかと言えば、投資家として球団株を売るのです。
MLBのオーナーは儲かるし、大きな夢の1つとされるのでオーナーグループに入りたい人はたくさんいます。


画像: mliveより

計算しやすいように球団買収に必要なお金が1000億円、ジーターが出せるお金が100億円とします。
すると900億円足りないわけですが・・・。
1株10億円で株を売っても90人ぐらいは集まります。
1株1億円としても複数株買う人もいるわけですし、不足分の900億円は調達できるわけですね。
これがデレク・ジーターの筆頭とした投資家オーナーグループの仕組みというわけです。
こんな感じで球団買収に必要な資金を集めていくわけですねー。


画像: sportsuniversityより

MLBオーナーで投資家グループという言葉をよく聞きますが、要するにそういう仕組みだということです。
ちなみにジータークラスの選手になると、現役時代から投資もやっていて引退後も現役時代と変わらないぐらいの収入を得ている人も多いようです。
A・ロッドなんかは金持ち父さんで有名なロバート・キヨサキの会社が面倒を見ていると言われていましたが。
投資だなんだという話も、けっこう身近なんでしょうね。

スポンサードリンク

デレク・ジーターのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク