ポスト・ジーターの重圧に負けず、ヤンキースで活躍しているディディ・グレゴリウス。
今シーズンは打率.276 20本塁打と、出塁率は3割そこそこながらキャリアハイのシーズンに。
月刊スラッガーの通信簿企画では「よくできました」じゃなく、「まずまずです」評価になっていて厳しいなーと思いましたが。
ウィキペディアでは10本塁打に間違えられていたし。笑(もう修正されたかな?)

守備はジーターより上ということもあり、ヤンキースファンも暖かく見守っているのかもしれませんねー。
彼はイラストが得意とのことで、14年に引退したジーターのイラストを描いて話題になっていました!

まあ、日本人から見たら似ているとは思いませんが。笑
でも絵が上手な感はわかりますね!
しかもこれ、まだヤンキースにトレードされる前のことですからねー。
その後自分がポスト・ジーターとしてヤンキースに迎えられるとはどんな心境だったのでしょう?

来年27歳とまだまだ成長が期待できる選手だけに楽しみですね!
攻守にもう一回りぐらい成長してもらいたいところです。

スポンサードリンク

ディディ・グレゴリウスの動画まとめ

スポンサード リンク