Pocket

先日、インディアンスのテリー・フランコーナ監督とミッキー・キャラウェイ投手コーチが退場となりました。
理由はチャレンジ結果への抗議ということなのですが・・・。

確かに微妙な判定なので彼らがアウトを主張するのもわかります。
ですが、なにもこれは表面的な判定への抗議というわけではありません。
勝敗に関わる重要な場面でもないし、抗議したところで判定が変わるわけでもないですからね。
彼らも馬鹿じゃないんだから、単に判定結果へ抗議しているわけではないのです。

i
画像: espnより

理由はチーム状況にあります。
インディアンスは現在地区首位を走っているのですが、この時点で2連敗中でした。
しかも12失点、10失点と二桁失点での敗戦で、この日も敗戦ムード。(最終的に13失点で負ける)
しかも、サラザー、カラスコ、バウアーという三本柱で3連敗とチーム状況はかなり悪かったわけです。

0403_Francona-inside_usa
画像: cbssportsより

インディアンスは良いチームですが、実績のある選手が少なく、優勝争いという点では現在2位で追い上げているタイガースの方がずっと経験値があります。
おそらくこの日もムードがかなり悪くなっていたので、選手へ何かしらのメッセージを込めて監督コーチは抗議しているわけです。

スポンサード リンク

監督が審判に抗議する意味

MLBで監督が抗議する意味というのは大きく2つ。
選手を退場させないため、気持ちを代弁するためなど選手を守るための抗議。
そして、今回のようにチームの士気を高めるためのメッセージという意味です。
選手が怒っているときに監督が出てきて退場になるのが前者。
大敗しているときにいちゃもんを付けて退場になるのが後者。
中には本当に怒っているケースもあるんでしょうけど、今回でいえばそうではありません。
フランコーナ監督は冷静にキャラウェイを制していますからね。

816_Francona_inside
画像: cbssportsより

まあ、何にしても監督の抗議ってのは表面的なものだけじゃないってことですね。
インディアンスはトレードデッドラインで大きな動きもなかったですし、これからちょっと心配ですね・・・。
チームとしては投手力も打撃力もあって、欠点らしい欠点は捕手ぐらいですか。
これから黄金期を迎えてもおかしくないチームではありますが、今年もチャンスですからね。
タイガースと経験の差が出てくるかな?

スポンサードリンク

ミッキー・キャラウェイの動画まとめ