Pocket

前回ホーマー・ベイリーの2年連続ノーヒッターを紹介しましたが。
ジャイアンツのエースとして活躍したティム・リンスカムも13、14年に2年連続ノーヒッターを達成しています。
ベイリーの13年に記録したノーヒッターはリンスカムと投げ合ってのもの。
リンスカムはその登板から2試合後にノーヒッターを達成しました!

すでに全盛期は過ぎていますが、それでも13奪三振を奪っています。
まあ4四球も出して球数も148球。
全盛期だったら無理をさせずに交代させられていたかもしれませんね。

そして翌14年のノーヒッター。
こちらは四球1つ出しただけと完璧な内容です!
13年オフに批判の多かった2年契約。
14年はしっかりとローテを守り、及第点の成績は残しましたが。
エンジェルスでプレーした今シーズンはボロボロでしたね。

スポンサード リンク

ティム・リンスカムが日本でプレーする可能性

一部のファンの間では知名度が抜群のリンスカムの来日を望んでいる声があります。
で、NPBの球団が獲得する可能性ですが、残念ながら極めて低いです。

ティム・リンスカム
画像: mccoveychroniclesより

というのも、リンスカムは過去にマリファナ所持で捕まっているのですが、薬物使用者は法的に来日ができなくなっています。
まあ、リンスカムは司法取引に応じて起訴されていないようなので、入国できるのかもしれないし、やっぱりできないのかもしれません。
そこらへんは法律の問題なのでよくわかりませんが・・・。

ティム・リンスカム
画像: abc7newsより

まあ、MLBの薬物検査にひっかかった選手はガンガンNPBでプレーしていますが、リンスカムは警察に捕まっていますからね。
日本は薬物に厳しいお国柄なので、トラブルを避けるためにもNPBでプレーする可能性は限りなくゼロに近いというわけですな・・・。
薬物に厳しいから違反者が出たときのことを考え、薬物検査を厳しくできないというのは皮肉なものですけどね・・・。
逆に言うと、厳しくできないぐらい蔓延している可能性は十分にあるってことですね。

スポンサードリンク

ティム・リンスカムの動画まとめ

スポンサード リンク