ティム・ハドソンと言えば「負けない投手」として活躍していました。
デビューから15年連続で勝ち越し。
その15年目には、史上2人目となる自身がホームランを打っての200勝も達成しています。

MLB: Philadelphia Phillies at Atlanta Braves
画像: cbssportsより

同年は8勝7敗と勝ち越してはいますが、これが最後の勝ち越しシーズン。
しかも一塁ベース上で走者と交錯。
足を踏まれ、骨折でシーズン終了というアクシデントに見舞われました。

しかし、これはどうしようもないですからねー。
フルスピードで走っていれば、とっさに避けるなんてできないですし。
まあ、こういうアクシデントを避けるためにも、みなしアウトがあるわけですが。
ハドソンは捕球時にベースを踏んでいるか微妙だったので、確認のためにベースを踏み直して怪我に繋がりました。

tim-hudson-atlanta-braves
画像: nydailynewsより

これは13年の出来事なのでチャレンジ制度は導入されていません。
導入された今ではみなしアウトもないので、このようにきちんとベースを踏まないといけなくなっています。
まあ、こういう怪我は例外中の例外ケースではあるわけですが・・・。
怪我を避けるためにも、みなしアウトの文化がなくなったのは今後議論されるようなアクシデントも起きるかもしれませんね。

スポンサードリンク

ティム・ハドソンのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク