元巨人の選手でヤクルト戦での乱闘で語り継がれているダン・グラッデン。
現在はツインズの解説者をやっています。
先日の放送では放送席からファールボールをナイスキャッチしました!

日本では乱闘のイメージぐらいしかありませんが、MLB通算1215安打、222盗塁の名選手。
ツインズ時代は2度の世界一に貢献もしています。

こちらがワールドシリーズで放ったグランドスラム。
来日時は36歳で全盛期を過ぎていたこともあり目立った活躍はありませんでしたが・・・。
まあ、当時の巨人は全盛期を過ぎた大物を獲得して、そこそこの成果を出していましたからね。
グラッデンも日本一に貢献したわけですから、外れってほどでもないのかな。

スポンサード リンク

チェスラー・カスバートの好プレー

この試合は名手が揃っているロイヤルズの好プレーが目立ちました。
まずはサードのチェスラー・カスバートが満塁のピンチを防いだプレー。

ロレンゾ・ケインのダイビングキャッチ

そしてライトのロレンゾ・ケインのダイビングキャッチ。
順調に成績を伸ばしていましたが、今シーズンは伸びませんでしたね。

アレックス・ゴードンの好プレー2つ

上記のカスバートの好プレーの前には、ゴードンが素晴らしいスライディングキャッチを見せていました!

こちらもナイスキャッチでした!
試合の方は2-1でロイヤルズが接戦を制しました。

スポンサードリンク

ダン・グラッデンの動画まとめ