Pocket

89年に阪神タイガースでプレーしたセシル・フィルダー
106試合で38本塁打の活躍を買われて翌年はMLBのタイガースでプレーしました。
まあ、当初は期待度も低く、獲得したタイガースを批判する声も多かったようですが。

1試合3本塁打をシーズン2度も記録するなど大活躍。
特大の場外ホームランを打つ活躍も!

打たれた投手はアスレチックスの大エース、デーブ・スチュワート
スチュワートの「パリまで飛んだかと思った」との名言も生まれました。

そして49本塁打で迎えた最終戦で2本塁打を打ち、51本塁打で本塁打王になりました。
MLBで50本塁打は13年ぶり。
ア・リーグにおいてはロジャー・マリスの61本以来28年ぶりというんだから凄いですね!

こちらは93年の特大ホームラン。
その後、MLB最高年俸選手まで上り詰めたんですからねー。
日本でのプレーがきっかけで打撃を掴んだようですが、凄い出世を遂げましたね。

スポンサードリンク

セシル・フィルダーのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク