Pocket

日本でスーツといえば仕事着です。
スーツを着ると仕事を思い出すので、嫌な気持ちになるという人も多いそうですね。
まあ、わからないでもないですけど、ちょっともったいない気もします。

gatag-00007487

僕は元々職人仕事だったので、スーツではなく支給される作業着を着ていました。
同僚はかっこいい作業着を買って着ていましたけどね。
僕は仕事着にお金を使うのが嫌だったので、お下がりを貰うことはあっても自分で買うことはありませんでした。
そういう意味ではスーツを見て嫌な気持ちになる人と同じようなもんですね・・・。
まあでも、スーツはかっこいいので、興味を持って着てみることをおすすめしたいところです。

スポンサード リンク

スーツをプライベートで着る

僕は普段着にスーツを着ますが、やっぱり面倒くささは少なからずあります。
手入れの必要もあれば、何より汚れが気になっちゃいますからねー。
カレーうどんが好きなのに食べられません。笑
たぶん、単純に着るのが面倒くさいと思う人もいるでしょうし。

gatag-00005990

逆にメリットといえば、かっこいいことです。笑‐サイズがあっていることが大前提‐
普段着であれば、似合いさえすればどんなスーツでも着ることができます。
「かっこいいけど仕事場では着られない」と思うようなスーツだって思い切って着られますしね。
「普段何着ればいいかわからない」という人もいると思いますが、そういう人はスーツを着てみるといいと思います。

gatag-00002966

スーツは基本を押さえるだけで様になるので、そこもメリットの1つです。
着こなしもそう難しいものじゃないので、何を着ればいいかわからない人こそチャレンジしてかっこよくなってもらいたいものです。

gatag-00002638

ただまあ、スーツスタイルに限ったことじゃないですが、服はあくまでも男を立てるものであって、おしゃれに着こなそうとは思わないことです。
おしゃれというのは皮肉みたいなもんだと思っていいです。
服が目立っているというのはかっこ悪いですから、クラシックに着こなすことを考えた方が良いですね。

スポンサードリンク