Pocket

先日のナショナルズ対ジャイアンツ戦で大乱闘が話題になりました!
ジャイアンツのハンター・ストリックランドが、98マイルの速球をブライス・ハーパーに投げ込んでいます!

「なんで捕手のバスター・ポージーは突っ立っているんだ」という批判もあるわけですが。笑
確かに不自然な光景ではありますが、それは置いておいて伏線です。

なんと14年のディビジョンシリーズが伏線のようです。
これ以降は今回まで対戦がなかったようですが、3年前の出来事ですからね・・・。
しかもこの年ジャイアンツは世界一になっているし、そこまで怒らなくてもという気はしますが・・・。

スポンサード リンク

ブライス・ハーパーのマナー違反

そもそも3年前のハーパーの態度は問題があったのかということですが。
走り出すのが遅かったのはファールかもしれないので仕方がないです。
走りながらもガッツポーズもポストシーズンなのでまあ、仕方がないです。
ただどうやらハーパーは、ストリックランドを見つめるなど挑発的な行動をしていたようです。

確かにこれはマナー違反ではありますねー。
故意死球の是非はともかく、そんなことをされたら投手としてはムカつくし、やり返したい気にもなるかもしれません。

スポンサード リンク

本気の乱闘が増えた気がする

しかしMLBでは殴り合いなど本気の乱闘が増えてきた気がします。
パフォーマンス的な乱闘であればポージーだって止めに入るでしょうけど、本気の乱闘に巻き込まれて怪我でもしたら最悪ですからね。
特に今回の故意死球はジャイアンツの総意ではなく、ストリックランドが勝手にやったことです。

一応、報復は腰から下というマナーは守っているようですが、それにしても速球を投げ込んでいますからねー。
下手すりゃ事故だし、さすがにやりすぎですね。
まあ、個人的に乱闘というのもそれはそれでストーリーがあって面白いとは思いますけど。

ハーパー 乱闘
画像: ksdk.comより

ちなみに乱闘でお団子状態になるのは当事者の身動きを封じて、怪我をさせないようにするためです。
今回の場合は当事者が熱くなって殴り合ってしまいましたが・・・。
ほとんどの乱闘では当事者も怪我や出場停止が嫌なので、殴り合いまではしません。
だから「殴り合うぞー」という雰囲気を作って、チームメイトが出てくるのを待ちます。
で、みんなでお団子状態になってお茶を濁すのが乱闘のパターンですね。

スポンサードリンク

ハンター・ストリックランドのYOUTUBE動画まとめ