ナショナルズのエース、スティーブン・ストラスバーグ。
ブレーブスのアンソニー・レッカー捕手の顔近くに投げ、レッカーが睨む場面がありました!

もちろん、これは単に「危ないところに投げやがって」と怒っているわけではありません。
彼らが内角の球に怒るときは、基本的にわざと投げてきたときです。
実は、ストラスバーグはジェイス・ピーターソンにホームランを打たれた直後だったのです。

格下の打者に打たれてイライラしたのかはわかりませんが、次のレッカーに対してブラッシュボールを投げてしまいました。
この打席は打ち取られたレッカーですが、2番手のマット・ベライルからホームランを打ちました!

カメラもしっかりとベンチのストラスバーグを映していますが。笑
この日も翌日も何事もなく試合は終了。
ストラスバーグは負け投手になりました。
まあ、闘争心の強さは必要なことではありますが、顔近くに投げたのは良くなかったですね。

スポンサードリンク

スティーブン・ストラスバーグの動画まとめ