先日今シーズン限りでの引退を表明したヤンキースのマーク・テシェイラ。
その前日、メッツとのサブウェイシリーズでひと悶着ありました。
先発のスティーブン・マッツが故意死球を与え、乱闘になるところでした!

もちろん、マッツは否定しているわけですが、これは故意でしょうね。
前の打席ではホームランを打たれていました。

これに対しての報復だと言うことですが・・・。

スポンサード リンク

テシェイラがサイン盗み?

7回には降板したメッツのハンセル・ロブレスとサードランナーのテシェイラが言い合っている様子が確認されました。

ロブレスは問題児気質のある選手なので、なにか熱くなっているんでしょうけど。
どうやらこれはテシェイラがサイン盗みをしていると怒っているようなのです。
これには三塁コーチャーのジョー・エスパーダも反論している様子ですが。

mark-teixeira
画像: sportsworldreportより

しかし、マッツにしろロブレスにしろ、若手選手が大選手にこの態度ですからね。
闘争心の強さというのは必要だと思いますが、最低限のマナーは守ってもらいたいものです。
もっとも、テックスが何かしらマナー違反を犯しているのであれば別ですが。
そういうわけでもなさそうなので、何かよくわからない出来事でしたね。

スポンサードリンク

スティーブン・マッツの動画まとめ