Pocket

00年代にホワイトソックスで活躍したジョー・クリーディ
06年にはキャリア最多の30本塁打を打つなど強打のサードでした。

こちらは三塁線の打球を見事なダイビングストップ。
打者が抗議して退場になるなど際どいプレーではありましたが、ナイスプレーでしたね!

ホワイトソックスが世界一に輝いた05年には、プレーオフでサヨナラ打を打つ活躍。

引退シーズンの09年にはツインズで延長13回、サヨナラグランドスラムを打っています!
当時31歳と若かったけど、背中の故障が原因で早期引退となっています。
怪我さえなければもっとプレーできたでしょうに残念でしたね。

スポンサードリンク

ジョー・クリーディのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク