ランディ・ジョンソンと言えば荒れ球の速球派投手というイメージがありますが。
93年のオールスターではジョン・クラックの頭上に暴投!
クラックが腰を抜かして簡単に三振してしまうという珍プレーがありました。

これはクラックのお調子者的な性格もあっての珍プレーでしょうけど。
完全に腰が引けてしますね。笑

ジョン・クラック
画像: ranker.comより

ちなみにクラックですが、翌94年のスプリングトレーニング中に牽制球が股間に直撃。
それが原因で精巣癌になってしまうという壮絶な人生を歩んでいるようです・・・。
そして95年に引退。
まあ、55歳となる現在も健在ではありますが、引退シーズンも3割を打っていますからね。
オールスター選手なので当然かもしれませんが、見た目の割にかなりの好打者です。

スポンサードリンク

ジョン・クラックのYOUTUBE動画まとめ

スポンサード リンク