先日、ヤンキースなどでクローザーを務めたジョン・ウェッテランドが始球式を行いました。

ウェッテランドは95、6年にヤンキースでクローザーを務め96年は自身唯一のセーブ王に輝いています。
96年は現監督のジョー・ジラルディがヤンキースの正捕手。

このバッテリーがウェッテランドとジラルディです。
この年にデレク・ジーターが新人王に輝いてヤンキース黄金期が始まります。
ウェッテランドはオフにヤンキースを去りマリアーノ・リベラがクローザーに。
ジラルディも翌年から99年までホルヘ・ポサダと正捕手を争っていました。
いまのヤンキースも当時のように格となる若手が出てきつつあるので、彼らが順調に成長すれば黄金期の再来も見えてきます!

スポンサード リンク

ペドロ・セベリーノの珍しい打球

もうヤンキースは関係ないですけど、こちらはナショナルズのペドロ・セベリーノ。
ファールゾーンからフェアゾーンに入り、フレディ・フリーマンがタッチアウトしました。
珍しい打球でしたね!

ホセ・レイエスが顔に自打球を当てる

これは痛いですね・・・。
古巣復帰もかつての勢いがないのは仕方ないにしても、キャリアワーストのシーズンになりそうです・・・。

こちらはファールチップが審判のマスクに直撃しています!

審判の珍プレー

こちらは審判の珍プレーです。
ボールが滑ってしまいました。笑
MLBのコスタリカ産のボールは質が悪いといいますからね。
NPBみたいに中国で作ればいいのに、いろいろ利権とかあるのかな。笑
まあ、どこで作るかというか作り方の問題なんでしょうけど、それこそ利権が絡みますからね。
そもそも向こうにしたら当たり前のボールなので、特に質が悪いとかいう認識もないのかもしれませんね。

スポンサードリンク

ジョン・ウェッテランドの動画まとめ