Pocket

タイガースのジャロッド・サルタラマッキアが守備で魅せました!

強打の捕手というか、パワー特化型の捕手といった感じのサルタラマッキア。
守備の評価は以前から高くはありませんが。

この日は盗塁阻止も見せました!
ジェームズ・マッキャンと出番を分け合っていますが、いずれにしても決定打がないので捕手はタイガースの弱点になっていますね。

ロベルト・ペレスがファールチップを受ける

タイガースと優勝争いをしているインディアンスも捕手が弱点です。
打者はカート・スズキですが、同じ捕手として気持ちもわかるのか優しく接しています。
このようなときは声をかけるどころか、心配そうなそぶりすら見せない選手が多いですけどね。
スズキはこのようなところで日本的ですね!

スポンサード リンク

ジョナサン・ルクロイの移籍後初ホームラン

ジョナサン・ルクロイがレンジャーズ移籍後初ホームランを打ちました!
レンジャーズも捕手が弱点でしたが、良い補強をしましたね。

ラッセル・マーティンが落ちそうになる

ブルージェイズのラッセル・マーティンがアストロズベンチに落ちそうになりました!

そしてこちらは天井に当たった打球をナイスキャッチするも、グラウンドルールによりファール判定。
審判はこういう球場独自のルールも把握しなきゃいけないので心配は大変ですし、すぐに判断できるのは凄いですね。
しかし天井に当たるキャッチャーフライをうつとは、エバン・ガティスはとんでもない怪力ですね・・・。
これを捕るマーティンも凄いですが。

ライアン・ボーグルソンの好プレー

日本でもプレーしたお馴染みの投手ライアン・ボーグルソンが好プレーを見せました!

スポンサード リンク

クリス・デービスの退場劇

ストライク判定に不満を表したアスレチックスのクリス・デービスが退場となりました。
こういうところで感情のコントロールができてほしいですね・・・。
若いかと思いきや僕と同い年の選手ということで、さらなる飛躍を期待したい選手です。

ルーグネッド・オドーアはタイムをかけるも

一方でルーグネッド・オドーアはタイムが認められずストライクを取られましたが、不満を大きくは表しませんでした。
これが素晴らしい対応というか、当たり前の対応なんですけどね。
むしろ審判の方がごめんねって感じになっています。
こうして審判に不満を出さない態度というのは自信を感じて好感が持てますね!
ホセ・バティスタを殴ったことで一躍有名になったオドーアですが、強打のセカンドとして将来が楽しみな選手です。

スポンサードリンク

ジャロッド・サルタラマッキアの動画まとめ