先日のヤンキース対ブルージェイズ戦で乱闘騒ぎがありました!
まず、きっかけとなったのが初回のジョシュ・ドナルドソンへの死球です。

故意ではないと思いましたが、2球連続の内角なので何かしらの意図はあったのかもしれませんねー。
それを受けて2回にJ.A.ハップが報復死球です!

ドナルドソンと同じサードのチェイス・ヘッドリーがターゲットに。
ハップは退場になりませんでしたが警告試合になりました。
そして両軍ベンチが出てくる騒ぎになりましたが・・・。

スポンサード リンク

ルイス・セベリーノが故意死球で退場

続く2回裏にヤンキース先発のルイス・セベリーノがジャスティン・スモークに故意死球。
当然退場になりましたが、またも両軍ベンチが空になる騒ぎに。

ただまあ、この乱闘騒ぎもある種のパフォーマンスです。
ドナルドソンも勢いよく出てきたかと思いきや、乱闘の中心には加わりませんでした。
これは別に乱闘にビビっているとかじゃなくて、退場や出場停止といった処分、さらに故障を恐れてのことです。
乱闘でお団子状態になるのも、身動きができないようにして暴力や怪我を避ける意味合いがあります。

まあ、チームメイトがやられているわけですから本当に怒ってはいますが、冷静さは失っていないということですね。
怪我や退場を避けるため、乱闘はあのような形になるようです。
特にブルージェイズにとってはプレーオフがかかっている大切な時期なので、離脱だけは避けたいですからねー。
MLBは乱闘が多い印象がありますが、本当にキレた乱闘なんてそうはないということです。

スポンサード リンク

ジャスティン・スモークの好プレー

9回に乱闘騒ぎの当事者でもあるスモークが、同じく当事者のヘッドリーの打球を好プレーでアウトにしました!
しかし、ここからヤンキースが逆転勝利をすることになりました。

ケビン・ピラーのダイビングキャッチ

9回のヤンキース逆転後、ケビン・ピラーが素晴らしいプレーを見せました!
ゴールドグラブ賞もありえる球界屈指の名手です。

トミー・レインとブレット・ガードナーの好プレー

ベタンセスの乱調でブルージェイズ大逆転のムードが漂いましたが。
トミー・レインとブレット・ガードナーのスーパープレーでヤンキースが勝利を収めました!

しかし、ベタンセスの不調は来シーズンに向けての不安材料ですね。
防御率がまだ3点台ってのが信じられないぐらい打たれている印象があります。
故障の可能性が高いわけですが、それくらい負担をかけまくっていたので仕方がないですね・・・。

スポンサードリンク

ジャスティン・スモークの動画まとめ